焼きぶろぐ

思いついたことをだらだら書いてます

Reactの公式チュートリアルをやってみた

経緯

React+Redux+Firebaseでなんか作ったろと思った

とりあえず最近ホットな奴に飛びついておこうとして、React+Redux+Firebaseでちゃちゃっとアプリ作れるんじゃねと思ったんですよ

んでQiitaの記事とか見つけててけとーに作ったろと思ったんですよ…

やべぇぜんっぜんわからねぇ…(´・ω・`)

となったので、ちゃんと勉強することにしました

自分のスキル

お仕事はバックエンド担当(C#)。UI?あ~詳しくないんスよねーという程度…

前職で一応JQueryはやってましたがそんなには…程度なのでJSの知識もちょっと。。という感じでした

なので、ちゃんといちから勉強したろ!と思ったのです

何を教材にするか

Reactで検索するとQiitaとかのReactで〇〇作ってみた~というのはいっぱい引っかかるのですが、正直コピペして作ってもまったく理解できないんですよね。

同じTodoアプリ作ってるのにソース全然違う…とかありますし

なのでもうここはちゃんと公式から学ぼうと思ったところ

reactjs.org

英語ですが結構いい感じのチュートリアルがでてきたので、早速試しました

内容はいわゆる〇×ゲームを作ろうねっていうチュートリアルです

試した結果、やはり公式チュートリアル最強説

Reactのチュートリアルは完成度が高いということもありますが、かなりよかったです。

初心者向けに最初はこう書いて、でもこれ実は省略できるからこうも書けて(ES6)、さらにこういう書き方もできるよ(React記法)とかなり丁寧に順序立てて書いてくれたので、本当に助かりました。

そして私のJS知識のなさもよくわかりました…!ちゃんと勉強せな…

あとReactはこういう概念で作ってるから従ってね。なぜなら~とかなり具体的に教えてくれてほえーとなりました。Qiitaの記事とかみていると、筆者の癖なのか、JSの一般的な使用方法なのか、Reactのお作法なのかがちょっとわからない点があったので。

チュートリアルは英語ですがかなりわかりやすい文章だったので、時間はかかりましたが意味不明??みたいな文章はありませんでした。

あと拡張でGoogle翻訳いれたのですがこれはいいですね。調べる手間が一気に省けるのでとても楽ですね…

まとめ:英語でも公式見よう

よく言われていることですが改めて実感しました。

これからは時間がかかってもちゃんと公式ソース読もうと思います!