焼きぶろぐ

思いついたことをだらだら書いてます

Tracチケット管理ツールを作る:フレームワーク選定

Tracチケット管理ツールを作る:設計 - 焼きぶろぐの続き

INDEX:Tracチケット管理ツールを作る:まとめ - 焼きぶろぐ

ある程度設計が固まってきたところでフレームワークを選定する。

アプリの種類

Webアプリ

チケット管理アプリとしてはデスクトップアプリで制作しても何の問題もないのですが、業務がWeb系なので勉強がてら。

サーバ環境(OSとMW)

Windows×IIS×SQLServer

今回は会社の自分の端末(Windows)で完結する環境を考えていたので、Windows一択です。
(開発部権限によりIISSQLServerを自分で建てることができたのが大きい。これらは普段の開発でも使っているため)

ちなみにWebアプリとして公開するとなると、逆にLinuxになるんじゃないかと思います(レンタルサーバの関係で)
LinuxとなるとHerokuとかを使えばOSとかMWまわりを一元管理できる?みたいなのでそういう選択肢がありますね。

言語とフレームワーク

C#×ASP.NET MVC5×EntityFramework

WindowsでWeb開発やるならということで。。経験あるし。
EntityFrameworkはちょっと遅かったりするのですが個人開発においてはAutoMapperと自動マイグレーション機能が便利なので採用しました

まぁここは個人開発レベルでは悩んでもしょうがないのでさっさと決めましょう。
勉強したいのであれば頑張って未知の領域にチャレンジするのも大切です(2017夏休み開発はまさにそんな感じでした。。)

NEXT:Tracチケット管理ツールを作る:アクション設計 - 焼きぶろぐ

INDEX:Tracチケット管理ツールを作る:まとめ - 焼きぶろぐ