焼きぶろぐ

思いついたことをだらだら書いてます

転職活動③ 退職交渉

転職活動は短期間で準備しなければいけないことが多かったため体力的にきつかったのですが、意外とすんなり内定をもらえたのでそこまで大変ではありませんでした。

どちらかというと退職交渉のほうがよほど大変でした。。。
(これは会社によるので何とも言えませんが…)

退職交渉の流れ

一般的にはまず退職予定日の2~3か月前に、直属の上司に「辞めます」と言うところからスタートするかと思います。

ここは内定が出たらすぐに言ったほうがいいのですが…私はボーナス支給日が近かったので振込金額が確定しているであろう支給日前日に言いました。(内定はその3~4日前)
(上司にはひどいと言われましたが減額されても嫌なのでもらえるものはもらってから辞めましょう)

前職の場合だと、上司からさらに上の上司→さらに上の上司→人事→社長 …という流れでエスカレーションすることになっていました。

エスカレーションの流れを止めないために

ここで問題になるのは上司のエスカレーションが遅い!!問題でした。
当然上司としては辞めてほしくないので、忙しいと言ったりもう一回面談しようとか言ったりしてずるずる引き延ばされそうになりました。
私は退職予定日が2か月先とやや短かったこともあり、「どんなことを言われても辞める」「いきなり来なくなるだけですけど、いいんでしょうか?」とさんざん上司を脅していました(今やっている仕事が上司がPMだったこともあり強気でした)
あとは毎週(むしろ3日に1回くらい)進捗いかがでしょうか?というメールを上司、その上の上司s、人事に対しても容赦なく送り付けていました。これは効果があったと思います(面談が必要なら今すぐしろ!アポ取れ!という催促です)

基本的に自分からエスカレーションするものではなくても、進捗確認くらいは自分からどんどんやっていったほうがスムーズに進むと思います。(やめたいのは自分だけなので…)

面談では揺るがない心をもつこと

上長~人事、社長までいろんな「偉い人」と面談しました。
その時はどんな条件だったり情はないのかみたいな話をされても、一切揺るがない気持ちで対応することが大切です。
ここでちょっとでも「あとちょっと押せばいけそう」と思われたらずるずると退職日を引き延ばされ、内定先にも迷惑をかける可能性があります!
ここはしっかりと強い気持ちで「いや残ることはありえません」と突っぱねましょう。

引継の準備もぬかりなく

私は特に客先担当もしていたので、後任をアサインしてもらい引継を行う必要がありました。
ところが退職予定日が迫っても一向に後任が決まらない(そもそも退職がOKでたのが遅かったせい)…という状況だったので、「誰でもわかるように引継資料はつくりました。あとはよろしく」という状態にもっていけるようにしっかりと引継資料の準備は行いました。
結果的には退職日ぎりぎりになんとかアサインがつき、急ピッチで引継を行うことができました(資料用意しておいてよかった)
そういえば上司からはぎりぎりまで退職することを言うなと言われていましたが、そんなことしたら迷惑かけるだけなので私はぺらぺらとしゃべっていたのでした。

まとめ

とにかく強い気持ちで辞めることを伝え、どんなことにも流されなければ希望通りの日付で退職できます。
ずるずる引き延ばされた人の話はかなりきくので、気を付けましょう。。