焼きぶろぐ

思いついたことをだらだら書いてます

転職活動② 面接

面接について

転職活動記事の第2弾は面接についてです。

転職の面接はだいたい2~3回行われることが多いようです(会社によりますが)。
わりと即決だったので実は3社ほどしか面接を行わなかったのですが、なんとなくコツかなーと思ったことをメモしておきます。

聞かれること

面接ではどの段階でもどの会社でも、わりと同じようなことが聞かれます。
職務経歴書に書いてあることからこれってどういうこと?みたいな質問をされることもあるので、てきとうに書かないほうが良いです。。

  • 自己紹介(今までやってきた仕事内容+ちょい自己アピール)
  • 退職理由(前向きに話すべし。。。)
  • 仕事で苦労したこと、大変だった仕事
  • 好きなこと(技術的なこと)、興味のある分野(技術的な内容、読んだ本など)

自己紹介

今までやってきた仕事の内容と、そこからこういうことできまっせアピールを簡潔に。

私は設計から開発、保守運用までなんでもやってまっせー、業界知識もめっちゃあるでーということをアッピールしてました。
自分大好きな人のほうが有利ですね。

退職理由

あんまりネガティブな理由に寄りすぎないように注意して話しましょう。
とはいっても退職理由のきっかけはネガティブなものでも良いと思います。
~~なことがあって退職を検討した(ちょいネガ)+~~な会社に行きたいと思った(ポジ)という風に言えば、そこまで印象が悪くないように思えます。

私は制度で納得できないことがあった→設計から開発までできる技術力のある会社に行きたいと思った、という流れにしました。

仕事で苦労したこと、大変だった仕事

たぶんこれが一番大切な話かと思います。転職してきて活躍してくれるかどうかの指標になるので。
自分では当たり前のようにやってきたことでも、ちょっと大げさに意識してやった!とアピールできるとよいと思います。
こんな難しい仕事が降ってきた→こういうことに気を付けて工夫をした→結果、こういう風にできた
みたいにストーリーがあると伝わりやすいと思います。

私はカスタマイズ機能開発で設計から開発まで全部やりました、元の開発者とか偉い人を巻き込んで一人アジャイルやりました!!という経験をアッピールしてました。

好きなこと、興味がある分野

単純に興味のある技術と、それについて調べたり勉強しているかを話すとよいです。
多分これは単純に技術的なアンテナがどれだけあるかとか、勉強する気持ちがあるかという判断に使われているかなと思いました

私は大学で統計やっていたこともあるので機械学習とかAIに興味あります、あとはRailsも独学で勉強して組んでみました、という風に言ってましたね。
あとは業務外で勝手に作ったタスク管理アプリをのスクショ見せて自慢したり(会社でわざわざ資料作った)。。笑

最近読んだ本は?というような質問をされたこともありました。
これは本読んでいるかを聞きたかったみたいなので、ちょっと昔読んだ本でも言ったほうがよかったみたいです(その後の会話であー、リーダブルコードですねって言ったら読んでるじゃん!と言われたので)

話し方について

とにかくいろんな質問をされますが、ある程度筋の通ったことをはっきりと話せれば良いと思います。

私は客先担当としてお客様と接することが多かったので、正直べしゃりは自信がありました。
(一番緊張していたのは面接日の昼すぎから直前でした…。。始まってしまえば口が勝手にしゃべるので問題ない)
普段仕事であまりしゃべらない人は、ちょっと人としゃべる練習をしておいたほうが良いかもしれません。

面接の練習について

面接の練習はしたほうがよいです!いきなり本命の面接だと頭が真っ白になってしまうので。
どういう質問をされるのか、流れがわかっていたほうが安心できます。

私はリクルートエージェントで模擬面談をお願いして練習しました。その時はかなり緊張してうまくしゃべれなかったため、練習しておいてよかった…と思いました。。

面接の日程について

面接は基本的に平日です。ちょっと遅めの時間でも対応してくれる会社はあるので、基本は定時ダッシュで行っていました。
今週は定時ダッシュ習慣なので朝型になります!なんて宣言してうまくごまかしてました。
(周りの人が定時ダッシュに気づく余裕がなかったとも言う…)

いきなりビシッとスーツは怪しまれるので、コートを利用してうまくごまかしてたりシャツの上にニットを着てカジュアル感を出すなど工夫していました。女性としてはここが難しかったですね。

新卒の就活との違い

新卒の就活との違いは、やはりポテンシャルよりもやってきたこと重視だなと思いました。
志望動機も一応話しますが、正直そこまで深堀されませんし重要でもなさそうでした
(今までやってきたことと共通点が合って、自分の強みを生かせそう、とかそんなもんです)

若いうちはある程度ポテンシャルも求められますが、何をしてきたかの実績があるので注目することが違うんでしょうね

まとめ

結論から言うと面接対策はかなり短期決戦だったように思えます。
書類が通ったらすぐに面接アポとって、(選考が早い会社を中心に受けていたので)翌日には結果が出て、すぐに次の面接アポ取って…とかなりすいすいいきました。なので準備をする時間が本当に…ないです!
特にスーツとか新卒時のを着たらお尻が入らなくて泣く泣く新しいものを買いに行ったり…。。。
11月は友達の結婚式シーズン(しかも2次会幹事)だったのでかなり忙しかったですが気合で乗り越えました。

転職時期は忙しくなるので、うまく調整できるようにしましょう。。