転職活動③ 退職交渉

転職活動は短期間で準備しなければいけないことが多かったため体力的にきつかったのですが、意外とすんなり内定をもらえたのでそこまで大変ではありませんでした。

どちらかというと退職交渉のほうがよほど大変でした。。。
(これは会社によるので何とも言えませんが…)

退職交渉の流れ

一般的にはまず退職予定日の2~3か月前に、直属の上司に「辞めます」と言うところからスタートするかと思います。

ここは内定が出たらすぐに言ったほうがいいのですが…私はボーナス支給日が近かったので振込金額が確定しているであろう支給日前日に言いました。(内定はその3~4日前)
(上司にはひどいと言われましたが減額されても嫌なのでもらえるものはもらってから辞めましょう)

前職の場合だと、上司からさらに上の上司→さらに上の上司→人事→社長 …という流れでエスカレーションすることになっていました。

エスカレーションの流れを止めないために

ここで問題になるのは上司のエスカレーションが遅い!!問題でした。
当然上司としては辞めてほしくないので、忙しいと言ったりもう一回面談しようとか言ったりしてずるずる引き延ばされそうになりました。
私は退職予定日が2か月先とやや短かったこともあり、「どんなことを言われても辞める」「いきなり来なくなるだけですけど、いいんでしょうか?」とさんざん上司を脅していました(今やっている仕事が上司がPMだったこともあり強気でした)
あとは毎週(むしろ3日に1回くらい)進捗いかがでしょうか?というメールを上司、その上の上司s、人事に対しても容赦なく送り付けていました。これは効果があったと思います(面談が必要なら今すぐしろ!アポ取れ!という催促です)

基本的に自分からエスカレーションするものではなくても、進捗確認くらいは自分からどんどんやっていったほうがスムーズに進むと思います。(やめたいのは自分だけなので…)

面談では揺るがない心をもつこと

上長~人事、社長までいろんな「偉い人」と面談しました。
その時はどんな条件だったり情はないのかみたいな話をされても、一切揺るがない気持ちで対応することが大切です。
ここでちょっとでも「あとちょっと押せばいけそう」と思われたらずるずると退職日を引き延ばされ、内定先にも迷惑をかける可能性があります!
ここはしっかりと強い気持ちで「いや残ることはありえません」と突っぱねましょう。

引継の準備もぬかりなく

私は特に客先担当もしていたので、後任をアサインしてもらい引継を行う必要がありました。
ところが退職予定日が迫っても一向に後任が決まらない(そもそも退職がOKでたのが遅かったせい)…という状況だったので、「誰でもわかるように引継資料はつくりました。あとはよろしく」という状態にもっていけるようにしっかりと引継資料の準備は行いました。
結果的には退職日ぎりぎりになんとかアサインがつき、急ピッチで引継を行うことができました(資料用意しておいてよかった)
そういえば上司からはぎりぎりまで退職することを言うなと言われていましたが、そんなことしたら迷惑かけるだけなので私はぺらぺらとしゃべっていたのでした。

まとめ

とにかく強い気持ちで辞めることを伝え、どんなことにも流されなければ希望通りの日付で退職できます。
ずるずる引き延ばされた人の話はかなりきくので、気を付けましょう。。

転職活動② 面接

面接について

転職活動記事の第2弾は面接についてです。

転職の面接はだいたい2~3回行われることが多いようです(会社によりますが)。
わりと即決だったので実は3社ほどしか面接を行わなかったのですが、なんとなくコツかなーと思ったことをメモしておきます。

聞かれること

面接ではどの段階でもどの会社でも、わりと同じようなことが聞かれます。
職務経歴書に書いてあることからこれってどういうこと?みたいな質問をされることもあるので、てきとうに書かないほうが良いです。。

  • 自己紹介(今までやってきた仕事内容+ちょい自己アピール)
  • 退職理由(前向きに話すべし。。。)
  • 仕事で苦労したこと、大変だった仕事
  • 好きなこと(技術的なこと)、興味のある分野(技術的な内容、読んだ本など)

自己紹介

今までやってきた仕事の内容と、そこからこういうことできまっせアピールを簡潔に。

私は設計から開発、保守運用までなんでもやってまっせー、業界知識もめっちゃあるでーということをアッピールしてました。
自分大好きな人のほうが有利ですね。

退職理由

あんまりネガティブな理由に寄りすぎないように注意して話しましょう。
とはいっても退職理由のきっかけはネガティブなものでも良いと思います。
~~なことがあって退職を検討した(ちょいネガ)+~~な会社に行きたいと思った(ポジ)という風に言えば、そこまで印象が悪くないように思えます。

私は制度で納得できないことがあった→設計から開発までできる技術力のある会社に行きたいと思った、という流れにしました。

仕事で苦労したこと、大変だった仕事

たぶんこれが一番大切な話かと思います。転職してきて活躍してくれるかどうかの指標になるので。
自分では当たり前のようにやってきたことでも、ちょっと大げさに意識してやった!とアピールできるとよいと思います。
こんな難しい仕事が降ってきた→こういうことに気を付けて工夫をした→結果、こういう風にできた
みたいにストーリーがあると伝わりやすいと思います。

私はカスタマイズ機能開発で設計から開発まで全部やりました、元の開発者とか偉い人を巻き込んで一人アジャイルやりました!!という経験をアッピールしてました。

好きなこと、興味がある分野

単純に興味のある技術と、それについて調べたり勉強しているかを話すとよいです。
多分これは単純に技術的なアンテナがどれだけあるかとか、勉強する気持ちがあるかという判断に使われているかなと思いました

私は大学で統計やっていたこともあるので機械学習とかAIに興味あります、あとはRailsも独学で勉強して組んでみました、という風に言ってましたね。
あとは業務外で勝手に作ったタスク管理アプリをのスクショ見せて自慢したり(会社でわざわざ資料作った)。。笑

最近読んだ本は?というような質問をされたこともありました。
これは本読んでいるかを聞きたかったみたいなので、ちょっと昔読んだ本でも言ったほうがよかったみたいです(その後の会話であー、リーダブルコードですねって言ったら読んでるじゃん!と言われたので)

話し方について

とにかくいろんな質問をされますが、ある程度筋の通ったことをはっきりと話せれば良いと思います。

私は客先担当としてお客様と接することが多かったので、正直べしゃりは自信がありました。
(一番緊張していたのは面接日の昼すぎから直前でした…。。始まってしまえば口が勝手にしゃべるので問題ない)
普段仕事であまりしゃべらない人は、ちょっと人としゃべる練習をしておいたほうが良いかもしれません。

面接の練習について

面接の練習はしたほうがよいです!いきなり本命の面接だと頭が真っ白になってしまうので。
どういう質問をされるのか、流れがわかっていたほうが安心できます。

私はリクルートエージェントで模擬面談をお願いして練習しました。その時はかなり緊張してうまくしゃべれなかったため、練習しておいてよかった…と思いました。。

面接の日程について

面接は基本的に平日です。ちょっと遅めの時間でも対応してくれる会社はあるので、基本は定時ダッシュで行っていました。
今週は定時ダッシュ習慣なので朝型になります!なんて宣言してうまくごまかしてました。
(周りの人が定時ダッシュに気づく余裕がなかったとも言う…)

いきなりビシッとスーツは怪しまれるので、コートを利用してうまくごまかしてたりシャツの上にニットを着てカジュアル感を出すなど工夫していました。女性としてはここが難しかったですね。

新卒の就活との違い

新卒の就活との違いは、やはりポテンシャルよりもやってきたこと重視だなと思いました。
志望動機も一応話しますが、正直そこまで深堀されませんし重要でもなさそうでした
(今までやってきたことと共通点が合って、自分の強みを生かせそう、とかそんなもんです)

若いうちはある程度ポテンシャルも求められますが、何をしてきたかの実績があるので注目することが違うんでしょうね

まとめ

結論から言うと面接対策はかなり短期決戦だったように思えます。
書類が通ったらすぐに面接アポとって、(選考が早い会社を中心に受けていたので)翌日には結果が出て、すぐに次の面接アポ取って…とかなりすいすいいきました。なので準備をする時間が本当に…ないです!
特にスーツとか新卒時のを着たらお尻が入らなくて泣く泣く新しいものを買いに行ったり…。。。
11月は友達の結婚式シーズン(しかも2次会幹事)だったのでかなり忙しかったですが気合で乗り越えました。

転職時期は忙しくなるので、うまく調整できるようにしましょう。。

ITエンジニアの転職活動

実は去年の10月下旬~12月上旬にかけて転職活動をしてました。 1ヶ月ちょっとで1つ内定取ってそのまま即決しました。2月入社予定です。

かなり怒涛の日々でしたが学ぶことも多かったので残しておきます

転職理由

現職の仕事は好きでしたが制度面でどうしても納得できないことがあり
制度が変わる見込みが薄かったのでさくっと転職することに

転職先に求めること

  • 求めている制度と実績があること(これは譲れない)
  • 働き方に幅がある(開発だけ、設計だけとかじゃなくて設計も開発もやりたい)
  • 技術者を大切にしている文化がある
  • 会社の理念に共感できる(社風が合うか、空気感が合いそうか) 正直そんなに多くは求めなかったつもりです。。

転職活動の流れ

  • 10月下旬 リクナビNEXTに登録する
    →メールめっちゃくる
    リクルートエージェントの紹介が来たのでそのまま登録
    →翌週にすぐエージェントと面談する。転職のいろはを学ぶ
    リクナビNEXTは自分で求人を検索するところで、リクルートエージェントはエージェントがついて求人を紹介してもらったりアドバイスをもらったりするサービスです
  • 11月上旬 とりあえずおすすめされたものを応募してみる
  •      同時進行で面接セミナーいったり模擬面談申し込む
  • 11月中旬 紹介される求人に違和感を感じ始め、レバテックに登録する 
  •      応募した書類が通過し始める
  • 11月下旬 めっちゃ面接する
  • 12月上旬 本命から内定出たので終了
  •      職場に直後に退職の意思を伝える(ひどいと言われた)
  • 12月下旬 めっちゃ面談してやっと退職許可がおりる
  • 01月下旬 めっちゃ引継してなんとか退職

けっこうスピード早かったと思います。
意外と選考落ちは少なく、こっちからお断りする場面の方が多かったです

大切だと思ったこと

職務経歴書

職務経歴書とは応募時に必要な書類です。自分こんなことできまっせー書類ですね。
これが履歴書なんかより100倍大切で、面接もこの内容をもとに質問されることが多かったです。
新卒採用と違って転職は即戦力採用なので、何ができるかしっかりと説明できれば志望理由なんてそれほど重要ではないのだと思います。
職務経歴書に書いた内容に関してもう少し具体的なエピソードがに聞きたいみたいな質問もされるので、しっかりと自分のタスクの棚卸をするといいと思います。

とはいってもこの書類を書くのは難しいです。苦手な人はほんとうに苦戦すると思います。究極の自己アッピールができないといけないので。
ただ自分をアピールするのはなんだか恥ずかしいと思うのではなく、自分を売り込む商品だと思って、営業のつもりになって書くといいと思います。
こういう思い・意志があって、こういう行動をしてきて、その結果こういう成果がでました。なので御社でも活躍できまっせ、みたいなふうに書けると、説得力のある職務経歴書になると思います。

②エージェントの選び方

今回私はリクルートエージェントとレバテックを使い、最終的にはレバテックに紹介された求人で内定を取りました。
ただ、実はその求人はリクルートエージェントでもおすすめされていた求人でした。

リクルートエージェントのエージェントさんは、初回の面接ではかなり時間をかけて面接してくれ、とても良い印象でした。
リクルートエージェントが提供するセミナーや模擬面談も非常に質の良い情報をもらえたと思いました。
一方で最初の面接で制度面に関しての話をしすぎたせいか、職種的にはあまり希望とマッチングしていない求人を紹介されました(大手で開発をやっていないようなところとか)。
その結果これじゃない感を感じていましたが、エージェントさんが多忙であまりこちらの状況や要望を伝えられず、どんどん認識がずれてしまっていたように感じていました。
(連絡手段は基本電話かメールですが、電話は基本不在&折り返しはほぼなしで、メールもかなり遅れて返信が来たり。。)
エージェントさん自身はいい人だと思いましたが、ちょっと放置されているような気分にはなりました。

一方レバテックさんはエージェントさんとのやりとりがなんとLINE(!)でした。
これはエージェントさん大変だろうな…とは思いましたが、朝でも夜でもレスポンスが良くて気軽に相談でき、かなり安心感がありました。
内定直前は他の最終まで進んでいる企業があり、滑り込みで最終面接を前日にセッティングしてくれたりなど、かなり無茶なことでも必死にやってくれました。(その企業からかなりオファーが強かったのはありますが) そこに心が動かされたこともあり、決定打になったように思います。

よく言われていることですが、エージェント選びは本当に重要だと思うので、いろいろ調べてみるといいと思います。

面接とか退職交渉に関してはまた後日気が向いたら。。。

他責やめました

今日はいわゆる自己啓発セミナーで大変感銘を受けたので自分用のメモとして残します。

セミナーの概要としては自分の価値観を知って主体的に動ける人材になりましょうというやつです。

自分の価値観について

診断結果

  • 自己肯定感が強い。自由にやりたい
  • プライドが高い
  • 他人を見下している
  • 今の現状に満足している

振り返り

  • 慢心はよくない
  • 他人に怒りを感じすぎ。他責傾向が強い
  • 本当に高い目標をクリアしたいなら、もっと具体的に行動しないと今後結果がついてこなくなる

被害者意識と主体的な意識

自分の価値観が行動・結果に影響を与えているという話ですが、どうやらほとんどの人はつい被害者意識になってしまうようです。

自分は〇〇しているのに、なんで動いてくれないの!とか、なんでやってくれないの!みたいな。私もかなりこの意識傾向が強かったです。これが被害者意識です。

被害者意識でいると、結果がついてこないんですね。他人のせいにしているので自分は傷つきませんが、本当にいい結果を得ることができません。だって他人のせいにしているだけで、何もしていないので。

ここで何事にも主体的に取り組む(=どんな結果にも自分の影響を与える)ことで、結果を変えることができます。結果が変わる可能性が生まれます。

それを繰り返すことで、他人からの評価も上がり、結果もついてきます。何事にも手足を突っ込むので、時には失敗することもあるでしょう。しかし、失敗という経験がなければ成功できないこともあります。

失敗を恐れたり怒られるのを恐れて知らんぷりするのではなく、何事も自分事ととらえて取り組む!そのためには、他人の悪口を言わない!

これを心に決めた一日でした。

タスク管理アプリ開発

今日やったことのメモ

デザインいじり(主に配色)

https://note.cman.jp/color/create_color.cgi

Adobe Color CC

スクロールバー加工

CSSでスクロールバーをカスタマイズ - Qiita

顧客サポートのコツ

前回は操作説明のコツについてでしたが、今回は顧客サポートのコツを書いてみようと思います。
いわゆる問い合わせ対応というやつです。

問い合わせ対応の心構え

問い合わせ対応は、はっきり言ってかなり面倒な仕事です。
お客さんはこちらの都合はお構いなしに電話やメールで質問を投げかけてきますが、
こちらは必ず何かしらの対応をしなければなりません。

どこまで対応しなければいけないかはサービスの保守契約(無料か、有料かなど)にもよりますが、お客さんは当然誠意のある対応をやってくれるだろうと期待しています。
(この辺はサービスの求める質が高い日本人的…なのでしょうか)
その対応を間違えると、お客さんからの評価は地に落ちて会社のイメージダウン、顧客喪失にもつながりますので慎重に対応しましょう。

問い合わせ対応のさばき方

とはいえこちらも別のお客さんからの問い合わせ対応中だったり、他の緊急性の高い仕事をしているなど優先順位を下げなければいけない場合もあります。
また、1つの問い合わせ対応に時間をかけてもいられません。

ということで問い合わせのさばき方としてポイントが3点があります。

  • お客さんを安心させる(かわりに少し待ってもらう)
  • 同じ問い合わせがきてもすぐに対応できるように講じる
  • 同じような問い合わせを防げるように工夫する

このポイントを踏まえたうえで、具体的な問い合わせ対応の進め方は下記の5ステップになります。

  1. すぐに問い合わせを受け付けた旨を連絡する
  2. 問い合わせ内容を一瞬確認し、対応方針を決める
  3. 問い合わせ内容の調査・対応をする・結果を記録する
  4. 解決連絡をする
  5. 問い合わせを防ぐ策を講じる

1. すぐに問い合わせを受け付けた旨を連絡する

よくWEBの問い合わせフォームなどで登録すると、受け付けましたメールが来ますよね。あれです。
特にメールでの問い合わせの時は、返信がないとちゃんと読んでくれたかな?と不安になります。 お客さんを不安な状態にさせておくと催促やさらなる問い合わせにつながるだけなので、ちゃんと見てますよ~というアピールをしてあげましょう。
また、時間がかかりそうなものであればその旨を伝えたり、期限日の目安がわかれば一緒に伝えましょう。
ただし緊急の問い合わせを除き、期限日は余裕を持った日付を指定しましょう。自分が追い込まれるだけなので…。

2. 問い合わせ内容を一瞬確認し、対応方針を決める

まずは1度は内容に目を通しましょう。思ったよりも簡単な問題かもしれません。
ここで対応方針を決めるうえで重要なのが、担当者を決めて他の人に投げることも考慮しましょう。
よくあるのがお客さんに対する担当者は複数人いて、誰かがやってくれるだろうと誰も対応ていなかったなど…。
基本的にはお客さんに名指しされた担当者が確認し、負荷や技術力を考慮して無理そう・対応が遅くなりそうなら他の担当者に相談して投げましょう。
一人で抱えてもろくなことがないので、しっかりと他の人も頼ることが大切です。
また、対応が遅くなりそうならその旨をお客さんにうまく伝えましょう(社内で再現できなかったため調査が困難…などうまく言いましょう)

3. 問い合わせ内容の調査・対応をする・結果を記録する

ようやく調査・対応ができました。がここで終わりではなくきちんと問い合わせ内容・調査結果・対応結果を記録しましょう。
ここで記録しておかないとこの対応結果が誤っていた際にリカバリができなかったり悲劇を生みます。
また同じような問い合わせが発生した場合にも使いまわせるので、必ず記録を残すようにしましょう。

4. 解決連絡をする

解決したらまたお客さんを安心させるために連絡をしましょう。
解決したことを確認してくださいね、の一言を忘れずに。

5. 問い合わせを防ぐ策を講じる

で、解決したらそこで終わりではありません。
同じような問い合わせを防がなければ、結局問い合わせは増える一方なので策を講じる必要があります。

  • 汎用的な問い合わせの場合、説明会時の注意点としてあらかじめ説明に加えておく
  • 内容と対処方法を他のメンバーに共有する
  • FAQに追加する

などいろいろなやり方があると思います。 問題の発生頻度(よくあることなのか、稀なことなのか)や性質(一般的なことか、お客さん特有のものか)をもとに切り分けて対応策を練りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。たかが問い合わせ対応、されど問い合わせ対応、なかなか難しいと思います。
どの会社でも重要だけどコストは削減したい!というジャンルだと思いますので、ご参考までに。

操作説明のコツ

私は業務用アプリ(いわゆる会計ソフトとか)の会社に所属しているのですが、 お仕事としてお客様に操作説明会を実施することがあります。

他にも社内で新人研修の講師をやったりと、結構経験してきたなーと感じたので 操作説明のコツを軽くまとめてみました。

操作説明で重要なこと

  • 下準備で手を抜かない(ここが9割)
  • 臨機応変に対応する(はぐらかし力)
  • とにかく堂々と話す

下準備で手を抜かない

操作説明会の成功のカギを握るのが、下準備です。
これを怠るとほぼまちがいなくぐだぐだになります。

慣れている説明会で、いつもと同じことを説明すればいいだけ…であっても きちんと下準備をするべきです。

下準備の内容は下記3点です

  • 資料作成
  • データ準備
  • 説明の流れを決めてリハ

資料作成

ここは説明するお客さんの使用想定に応じて作ります。
ポイントは主に下記2点です

  • 機能のすべてを書き込むのではなく重要な箇所のみ記述する
  • 資料を見る人の目線の移動を考える(上から下に、左から右に)

まず資料に文字が多すぎると絶対に読んでもらえません。
重要な箇所のみ記述して、補足は必要なものに絞りましょう。

また、赤枠や矢印、ふきだしなどの記号・図形を使うことが多いですが
見る人の目線を考え、配置にも気を付けましょう。

マニュアル作成という意味ではほかにももっとポイントはありますが、とにかくここで手を抜かない けど時間をかけすぎないのも大切です。難しいですが…

データ準備

当日に使用する想定のマスタ準備であったり、設定が正しくされているかを事前に確認しましょう。
当日データ準備が間に合っていないのであれば、説明会中にきちんと補足する必要があります。

説明の流れを決めてリハ

資料にはあるけど説明をはぶく、どんな順番で説明する、など流れをしっかりと決めておく必要があります。
また流れを決めたら自分の流れで通してリハしましょう。
しゃべり慣れていない人はしゃべる練習もしたほうが良いでしょう。しゃべり慣れていないとうまく舌が回らないので。

臨機応変に対応する

先ほど説明の流れを決めてリハと書きましたが、どんなに準備を完璧にしていても当日の流れで変わることはあります
(だからといって準備をしないのは×)
当日にデータ不備が発覚したり想定していた流れがうまくお客さんの考えと会っていなかった場合、 すぐに切り替えて流れを変えれるようにしましょう。
(慌てないことが大切)

またデータ不備などがあるときは「今日は説明会なんで」とうまく説明して乗り越えましょう。 てきとうにはぐらかす用の言葉を準備しておくのも良いです。

とにかく堂々とはなす

しゃべり方ではここが一番重要です。
自信のない人に宣伝されても興味がわかないのと同様に、説明でも自信がなさそうに話されると信頼されません。
とにかく堂々と話すことで、根拠のない信頼感を得ましょう(これは意外と大切)

まとめ

思いつく順にざっと書いてみましたが、いかがでしょうか。 説明会のコツとかって意外と出てこない(企業向けセミナーっぽい内容になる)ので書いてみました。 気が向いたらシリーズ化してまとめようかな。